本文へスキップ

すてきな女性に変身!

トップページメザイクで二重に>メザイクは接着材だから、リスクもあります

アイプチは接着剤。接着剤をまぶたにつけると、当然リスクもあります。アイプチを卒業しませんか♪

外国人の女優には二重のすてきな方が多くて憧れますね。

目はその人の印象を決めます!

外国映画やモデルの女性が、すてきな二重でいるのを見ると、本当にうっとりして憧れてしまいます。

日本人はなぜ一重が多いのでしょうか?

日本人だからこそ憧れてしまう二重・・・フタエ・・・ふたえ・・・。

そんな二重に憧れる若い女性たちの救世主として人気なのが、アイプチです。

このアイプチ、いつから使われているのでしょうか。かなり以前からという気もします。値段も500円〜1500円ぐらいで、リーズナブル。

しかも、簡単に二重まぶたを作ることができるので、もう手放せなくなっている人も多いのではないでしょうか。

でも、アイプチは、所詮接着剤です。まぶたの皮膚をくっつけて無理に二重を作っているだけにすぎません。

無理して使い続け、接着剤の成分がまぶたの肌に影響すると、当然のリスクもあります。

アイプチのリスクとは?

(1)まぶたがかぶれてボロボロに

まぶたの皮膚はとても薄い薄いため、非常にデリケートです。ですので、繰り返しアイプチを付けていると、接触皮膚炎という症状を起こして赤く腫れたり、かぶれたりする恐れがあります。

「接触性皮膚炎」は湿疹の一種で、何らかの外的刺激が肌に接触することで、接触した部分に紅斑(赤いぶつぶつの「こうはん」)や丘疹(皮膚の盛り上がる「きゅうしん」)、水疱(水を含む湿疹)といった症状を生じます。

接触皮膚炎の一番の対策は、アイプチを使わないことですが、アイプチを使いだすと、一重だったのがばれるため、症状が出ても繰り返し使っている人も少なくありません。なんとか薬で治そうとしますが、化学物質である接着剤をつけている以上は、解決しないのですね。

(2)皮膚が伸びてユルユルになる

クレンジングの時にアイプチを引っ張ったり、こすったりしていると、まぶたの皮膚は気付かないうちに伸びてしまいます。

実際、アイプチを使っている人は、日中、お出かけしている間はずっと使っているのだと思います。すると、マブタは常に引っ張られている状態ですので、いずれはユルユルのまぶたになります。

だからと言っても、整形は嫌だし。じゃあどうすればいいの?

というわけで、マッサージで、自分のまぶたそのものを二重にしましょう、というマッサージ方法もあります。

そんなことができれば素晴らしいのですが、一重だったまぶたを二重にするには、かなり時間がかかります。ですので、今日のデートに間に合わせるわけにはいきません。

でも、最近の技術はすごいですね。すぐに二重にできて、クセが付けば、自然に二重なるというメザイク。

メザイクは、線状のファイーバーを使って、まぶたを二重にするアイテムです。

メザイクはアイテープよりも目立たないし、まぶたにしっかりと食い込んで、水分が付いても取れにくいし、他の人にバレにくいです。

装着の方法は、慣れればアイプチよりも簡単ですし、価格も高くはありません。

しかも、メザイクは線状のファイバーをまぶたに食い込ませるため、続けて使用すると、だんだんマブタにクセがついて、二重のマブタになっていくという利点があります。

ですので、メザイクのほうが絶対おすすめです。

メザイクでおすすめは?

このサイトでは、「Defy No1ウルトラファイバー」をお奨めしています。

二重にしたい!その願い、「Defy No1ウルトラファイバー」で叶います。

「No1ウルトラファイバー」には、2種類のファイバーがあります。

用途に応じて、使い分けができます。

その2種類のファイバーとは、

@ 目立たない透明ファイバー

A バレない肌色ファイバー

どちらも、ファイバー幅 0.45mm。

「Defy No1ウルトラファイバー」の価格について

「Defy No1ウルトラファイバー」は60本入りでこの値段ですから、自分に合うかどうか、うまくつけられるかどうか、試したほうが速く綺麗になれますよ♪

「Defy No1ウルトラファイバー」は60本入りで、1200円

「Defy No1ウルトラファイバー」の製品のご確認やお申し込みは、こちらの公式サイトに詳細があります。

アイプチから卒業したい方は、いちどご覧ください↓

公式サイト>>1日中ぱっちり二重をキープ